大切な愛犬との生活体験記

ラブラドールレトリバーのしつけ体験

生活対策

大型犬にバリケンがつかえると生活に便利な理由とは!

投稿日:

大型犬との生活をテーマに、

こんな悩みをもつ方にむけて、記事を書いています。

ちょっとした用事のとき、気にせず外出したい。

来客のときには、ハウスで待っていて欲しい。

 

 

この記事を書いている私は、

ラブラドールとの生活に、悩んでいたことがありました。

そのため、しつけ教室を受講して、おなじ悩みをもつ飼い主さんと情報交換しました。

今では、ラブラドールとは、楽しく生活しています。

 

普段の生活に、愛犬に順応して欲しい!

そんな悩みをもつ方に、経験談をかねて、ご紹介します。

 

短い記事ですので、少々お付き合いください!

 

大型犬にはバリケンを身近な存在にする!

まず、結論をいうと、

大型犬を順応させるには、自然な形でハウスを取り込むことです。

そして、ハウスには、バリケンが最適になります。

 

バリケンを身近にすれば解決できる理由?

大型犬の順応には、ハウスに入ることが必要です。

そして、ハウスを自然な形で取り込めば、ハウスに入ることが容易になります。

 

そのため、具体的な行動は、次になります。

① バリケンを常設する

② バリケンを落ち着ける場所にする

③ バリケンに入るしつけをする

④ バリケンには自然に入る環境をつくる

⑤ 留守番をさせてみる

 

解消できる理由を具体的にすると!

解決できる理由を、一つひとつ具体的にすると。

 

① バリケンを常設する

バリケンがいいのは、バリケンは、洞穴的で落ち着く空間になること。

また、移動や掃除にも、便利なことです。

 

犬の体格より、ひと回り大きいバリケンを設置します。

そして、ふわふわの長座布団をなかに入れて、快適な状態にします。

 

② バリケンを落ち着ける空間にする

バリケンを落ち着く空間にするには、自然な感じで、バリケンに入れることです。

 

そのためには、

● バリケンの扉は、開けておくこと。

● なかに入れる長座布団は、普段からつかっているものにする。

● お気に入りのグッズを、いつも入れておく。

 

③ バリケンに入るしつけをする

バリケンには、できるだけ自然な形で入ることを促します。

そのため、しつけというよりは、バリケンに入る習慣づけが必要になります。

 

バリケンに入るしつけは、短い時間でも、バリケンに入ることからです。

まずは、おやつなどをバリケンのなかに置いて、犬を入れてください。

すぐに、出てきても良いです。

 

しばらくは、このことを繰り返してください。

決して、扉を閉めて、閉じ込めることのないように。

 

④ バリケンには自然に入る環境をつくる

バリケンは、部屋中が見渡せる場所に置きます。

遠すぎず、近すぎずの距離で、落ち着ける場所が良いです。

 

そうすることで、大型犬には、バリケンのなかから、家族の様子をみられる環境が適切です。

そして、バリケンの扉は、いつも開いていることです。

 

⑤ 留守番をさせてみる

バリケンには、自然に入るようになれば、留守番をさせてみましょう。

 

ポイントになるのが、

● 犬には「留守番してね~」など、声をかけること。

● 固いガムなどを入れること。

● そして、やさしく扉を閉めること。

最初は、10分~15分程度の短い時間からです。

そして、徐々に、時間を長くしてください。

 

注意することは、

  • トイレの時間を忘れないこと。
  • 最大でも、2時間ぐらいまでです。

 

バリケンの活用は万能です

バリケンをお勧めするのは、

車の移動に使えますし、旅行などの宿泊先でも使えます。

 

そして、犬を休ませてあげる、空間にもなります。

そのため、バリケンが活用できると、生活に便利ですよ。

 

バリケンは移動できるので、つかい方はさまざまです。

いつものバリケンなので、愛犬も安心できますね! 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

バリケンが活用できると、生活に便利なことが理解できましたか。

 

大型犬には、バリケンを身近な存在にすることです。

その方法は、

  • バリケンを常設する
  • バリケンを落ち着ける場所にする
  • バリケンに入るしつけをする
  • バリケンに自然に入る環境をつくる
  • 留守番をさせてみる

 

バリケンは、犬の体格より、ひと回り大きいサイズを選びます。

そして、ふわふわの長座布団をなかに入れて、快適な状態にします。

 

ハウスのしつけは、しつけというよりは、バリケンに入る習慣づけにすること。

設置する場所は、遠すぎず、近すぎずの距離で、落ち着ける場所にします。

 

留守番には、必ず、声掛けをしてください。

最初は、10分前後から徐々に長くしてみて、最大でも2時間ぐらいです。

 

注意することは、トイレの時間を忘れないことです。

 

成功すれば、普段の生活に、大型犬が順応した生活ができます。

ほんと、バリケンが活用できると、生活に便利です。

 

愛犬のためにも、飼い主さんは、頑張ってください!

 

 

-生活対策

Copyright© ラブラドールレトリバーのしつけ体験 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.