大切な愛犬との生活体験記

ラブラドールレトリバーのしつけ体験

しつけ

服従訓練!愛犬と学んだ家庭でのポイント

更新日:

愛犬のラブラドールには、無駄吠えや、部屋中を噛み荒らすことがあり、当時では、ノイローゼ気味になっていました。

独学でしつけを勉強しましたが、最終的にドッグスクールに通い、服従訓練を受講することにしました。

同じ悩みをもつ方にむけ、経験談をかねて、ご紹介します。

 

服従訓練のポイント

 

 

服従訓練のポイントは、

① 主従関係や上下関係の構築する

② 服従訓練の楽しさを覚えさせる

③ 服従訓練の基本とは

④ 歩行訓練の基本は

⑤ 人は優しいと感じさせる

 

 

服従訓練のポイントを具体的にすると

それぞれのポイントを具体的にすると!

 

① 主従関係や上下関係の構築

ドッグスクールに通い感じたことは、

犬と飼い主との関係作りには、犬自身が飼い主に集中する度合いになります。

 

服従訓練をはじめた頃は、

犬は飼い主には、集中することはありません。

 

どちらかと言えば、周りの犬達を気にしています。

 

そのため、おやつやソーセージなどを使い、興味を持たせて集中力を高めます。

これは、犬に服従訓練は良いことがあると、思い込ませることになります。

 

服従訓練では、

飼い主への集中が高まるのと同時に、飼い主との関係も深まります。

 

② 服従訓練の楽しさを覚えさせる

人でも犬でも、勉強をすると、多少なりともストレスが溜まります。

 

ストレスが溜まり続けると、

服従訓練は、嫌なものとして残るので、肝心のしつけは深まりません。

 

そのため、飼い主さんとの遊びも大事になります。

服従訓練では、ONとOFFをはっきりして、メリハリをつけることです。

 

普段できないような遊びを取り入れて、服従訓練との兼ね合いを取ります。

そのことを少しずつ積み重ねることで、飼い主との信頼関係も深まります。

 

もちろん、犬だけではなく、飼い主さんにも同じことがいえます。

 

③ 服従訓練の基本とは

服従訓練の基本は、『座れ』『待て』『伏せ』『来い』の4種類のコマンドになります。

 

飼い主が意識することは、言葉を正確に伝え、言葉の意味を理解させることです。

基本をマスターすると、歩行訓練に進むことができます。

 

この基本的な行動は、

ドッグスクールに通い、愛犬のラブラドールと学んだ内容になります。

 

座れ

『座れ』の訓練は、

まず、犬にリードをつけて歩行をします。

 

歩行しながら気を引くために、数メートルごとに、ソーセージなどを与えながら歩行します。

立ち止まり、『座れ』のコマンドをだします。

 

最初はすわらないので、腰などをやさしく押し下げてすわらせます。

すわることができれば、必ず大げさに褒めてください。

 

褒め方は、顔や身体をさわってあげて、喜ばすことです。

この繰り返しで、『座れ』のコマンドを理解させます。

 

待て

『待て』の訓練では、

『座れ』のコマンドを理解してからになります。

 

まず、犬を『座れ』のコマンドで、すわらせます。

そして、正面にまわり、目線をあわせて、『待て』のコマンドをだします。

 

犬から数メートル離れて、もとの位置まで戻ります。

上手くできれば、喜ばせてあげたり、おやつを与えてください。

 

これを繰り返して、『待て』のコマンドを理解させます。

犬から離れる距離と、待たせる時間は、少しずつ長くしてください。

 

伏せ

『伏せ』の訓練は、

『座れ』の状態からはじめます。

 

まず、犬を『座れ』のコマンドで、すわらせます。

 

『待て』とおなじように、

正面にまわり、目線をあわせて、『伏せ』のコマンドをだします。

 

この『伏せ』のコマンドをだす前に、

おやつやソーセージなどをつかい、手に持っているものに興味をひきます。

 

そして『伏せ』のコマンドと同時に、

その手を地面まで下げて『伏せ』の状態をつくり、おやつを与えます。

 

これを何度もかさねて、『伏せ』のコマンドから『伏せ』の状態を作らせて、おやつを与えるように変化させます。

 

これを繰り返すことにより、犬は『伏せ』のコマンドを理解します。

 

来い

『来い』の訓練は、

『座れ』から『待て』の状態をつくり、『来い』の練習をします。

 

ポイントは、犬から離れてコマンドをだすこと。

また『待て』の状態で飼い主が離れるので、集中力を途切れさせないことです。

 

犬から5メートル程度離れた正面に立ち、『来い』のコマンドをだします。

最初の頃は、来ることはありません。

 

なので『来い』のコマンドと同時に、

手を振ったりして飼い主の元に来させ、おやつを与えます。

 

これを何度も繰り返して、

『来い』のコマンドだけで、飼い主の元に来させ、おやつを与えます。

 

飼い主の元に来て、

そして、すわってから、おやつを与えるように変化させます。

 

最後には、

『来い』のコマンドから飼い主の正面に来て、すわるように、練習を重ねてください。

 

④ 歩行訓練の基本は

服従訓練は、歩行訓練の成果をもとめています。

 

教わった歩行訓練は、

犬を飼い主の左につけ、常に飼い主の顔を見ながらの歩行になります。

 

数メートル間隔で、犬に、おやつやソーセージなどを与えて集中させます。

 

そして、徐々にご褒美を与える間隔を長くあけ、集中力が途切れてくると、歩行はやめて遊びを入れます。

 

遊びは、グランドを駆け回ったり、

飼い主に飛びつかせたりして、喜ぶことを繰り返しします。

 

遊びのイメージは、リフレッシュタイムになります。

そして、歩行訓練が少しずつ進むと、歩行中に停止を入れます。

 

歩行中の停止では、

飼い主が止まると、犬も止めて、そして座らせます。

 

犬が座ったときに、ご褒美を与えて、それと同時に褒めることが大事です。

褒めるときは、身体を触ったりして過剰に褒めてあげてください。

 

停止の訓練がすすむと、歩行中のご褒美はなくなり、ご褒美は停止の時にだけになります。

 

注意することは、

犬には、飼い主に集中させること。

そして、集中が途切れそうになると、一旦訓練をやめることになります。

 

歩行訓練では、飼い主より前に出さないことも、注意点になります。

 

⑤ 人は優しいと感じさせる

しつけと思い、体罰を与えると、犬は恐怖心だけが残ります。

 

逆に、追いかけまわすと、犬は遊んでいると勘違いします。

犬は、コマンドを教えることにより、理解を深めます。

 

そして、犬が悪いことをしたことは、飼い主の行動次第で覚えます。

犬に叱るときは、悪いことをした瞬間がポイントです。

 

少し時間をあけて叱っては、

なぜ叱られているのかを、理解することが出来ないからです。

 

注意することは、叱るときは、驚かせたり、体罰は与えないことです。

犬にとって人の存在は、優しくなければなりません。

 

そのため、犬には、根気強く言い聞かせることが必要になります。

 

まとめ

 

犬の服従訓練は、知識さえあれば、家庭でもできます。

でも、飼い主さんの多くは経験がないので、知識の習得が必要になります。

 

知識の習得には、ドッグスクールに通うか、個人の訓練士にお願いすることを、お勧めします。

もちろん、独学でもできます。

 

家庭でのポイントになるのが、

● 犬には、飼い主に集中させる時間をつくること。

『座れ』『待て』『伏せ』『来い』などのコマンドは、しっかり覚えさせること。

散歩では、飼い主の左につけ、おやつなどで飼い主に集中させること。

犬にとって飼い主は、優しい存在であること。

 

犬は、成長期は大変でも、成犬に向かって少しずつ落ち着いてきます。

でも、家庭犬としては、1歳までにしっかりとした、しつけが必要です。

 

愛犬は大切な家族の一員ですので、家族のために頑張ってください。

 

 

-しつけ

Copyright© ラブラドールレトリバーのしつけ体験 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.