大切な愛犬との生活体験記

ラブラドールレトリバーのしつけ体験

しつけ

犬のしつけには英語をつかう理由とその注意点とは!

更新日:

愛犬のラブラドールとは、ドッグスクールに通っていました。

そのスクールの先生方は、コマンドは英語やドイツ語をつかわれていました。

最初は、不思議に思いましたが、外国語にする理由がわかりました。

 

犬のコマンドは、英語にした方が良いのかな?

そんな疑問をもつ方に、経験談をかねて、ご紹介します。

 

犬のコマンドとは?

犬のしつけには、飼い主さんの言葉が必要です。

その指示する言葉を、コマンドといいます。

 

犬のコマンドは、

指示の言葉になるので、正確に伝わらないと困ります。

 

犬のしつけに英語は必要なの?

犬のしつけは、英語でなくてもできます。

大事なのは、コマンドは、指示する言葉なので、伝わるか?どうかです。

それも、いつも正確に!

 

正確に伝われば、英語でなくて大丈夫です。

でも、犬のコマンドは、英語のほうが、利点が多いと言われます。

 

コマンドを英語にする理由は?

マンドを英語にする理由は、2つあります。

 

犬は音を聞いて理解している

犬は、人と違って、言葉の意味は理解できません。

では、なにで理解しているかと言うと、音の種類になります。

 

英語は、日本語とはことなり、母音が少ないです。

母音が少ないと、音の種類が少なく、聞き取りやすくなります。

 

そのため、犬のコマンドは、英語のほうが適していることになります。

 

英語は言葉の統一性がある

犬につかうコマンドは、

「待て」「座れ」「伏せ」「良し」「来い」などになり、指示する言葉です。

 

日本語では、「座れ」≒「座って」「お座り」など、おなじ意味でも、さまざま言葉がつかわれます。

 

犬は、音の種類で、理解するので、

ひとつのコマンドでは、ひとつの言葉(=音)にすることが必要です。

 

その点、英語では統一性がありますが、日本語は、適さないことになります。

特に、日本語は、日常会話でつかわれるので、その傾向は強いです。

 

飼い主さんの勘違いの事例

ドッグスクールにいくと、

犬に伏せさせるとき、飼い主さんは、手のアクションを加えることがあります。

これは、犬はコマンドの理解ではなく、手のアクションを見て「伏せ」を理解しています。

 

また、留守番のとき、犬に一声を掛けます。

犬は、言葉の理解はできないですが、コミュニケの意味では大事です。

では、どうやって「留守番」を理解するかと言うと、それは、飼い主さんの動きで理解します。

それぐらい、犬は、飼い主さんの動きを、ジーとみています。

 

英語をつかったコマンド事例

主な、しつけのコマンドを英語にすると、

  • 待て    ステイ      stay
  • 座れ    シット      sit
  • 伏せ    ダウン      down
  • 良し    グッド      good
  • 来い    カム       come
  • 立て    スタンド   stand
  • 止まれ    ストップ  stop

 

 

愛犬とのコミュニケも英語が最適?

犬のしつけには、英語のコマンドが最適になります。

 

では、コミュニケの言葉は、どうしますか?

 

愛犬とのコミュニケでは、表情や仕草が大事です。

そのため、言葉の良し悪しは、ありません。

 

なので、英語のコミュニケが苦手の人は、無理しないで日本語で良いです。

 

コマンドを英語にする注意点

しつけのコマンドを英語にするなら、必ず、英語で統一してください。

コマンドを、英語と日本語の両方では、英語をつかう意味がないです。

 

また、家族も同じになり、

家族全員が、統一したコマンドにしないと、犬は混乱します。

 

これからの時代は英会話が必要?

日本では、日本語で会話をします。

それは、あたりまえです。

 

でも、年々、英語を聞くことが増えていますよね。

そのため、愛犬との生活では、いつも英語で会話することは、如何でしょうか。

 

まとめ

コマンドの目的は、

犬に、指示する言葉になるので、正確に伝わらないと困ります。

 

コマンドを、英語にする理由は、

ひとつは、犬は、言葉ではなく、音で理解しています。

英語と日本語を比べると、英語は、母音が少ないです。

母音が少ないと、音の種類が少なく、聞き取りやすくなります。

 

もう、ひとつは、日本語では、おなじ意味でも、さまざま言葉がつかわれます。

特に、日本語は、日常会話になるので、その傾向は強くなります。

 

英語にする注意点としては、

コマンドを英語にする場合は、必ず、英語で統一してください。

そして、家族全員が、英語で統一しないと、犬は混乱してしまいます。

 

 

-しつけ

Copyright© ラブラドールレトリバーのしつけ体験 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.