大切な愛犬との生活体験記

ラブラドールレトリバーのしつけ体験

しつけ

大型犬とのマンション生活に迷惑をかけない5つのポイント!

投稿日:

大型犬とのマンション生活をテーマに、こんな悩みをもつ方にむけて、記事を書いています。

大型犬とマンション生活したいけど、大丈夫かな?

住民の人に、迷惑をかけないポイントはないのかな?

 

 

この記事を書いている私は、

転勤と転職があり、愛犬のラブラドールとは4度引っ越しをしました。

生活はリセットされるので、

苦労がありましたが、愛犬は順応してくれました。

 

大型犬とマンション生活したい!  

そんな悩みをもつ方に、経験談をかねて、ご紹介します。

 

短い記事ですので、少々お付き合いください!

大型犬のマンション飼いでの不安解消には!

まず、結論を先にいうと、

管理人さんや大家さん、住民のみなさんと仲良くすること。

そして、それぞれの対策をおこたらないことです。

仲良くすることで不安の解消になる理由は?

大型犬と暮らせるマンションでは、そもそも理解を得ているからです。

 

そのため、コミュニケを大事にすることで、不安は解消できます。

でも、それぞれの対策を、おこなうことが前提になります。

 

そのため、それぞれの対策とは

① 室内生活での対策

② 共有スペースでの対策

③ 階段での対策

④ 留守番での対策

⑤ 深夜帰宅での対策

 

不安を解消するための行動には!

不安を解消するため、

それぞれの対策を、具体的にすると、

① 室内生活での対策

大型犬の室内での対策は、主につぎの3つになります。

 

【室内対策1】大型犬の無駄吠え

大型犬では、室内で吠えると想像以上に声が響きます。

きっかけになるのは、玄関のチャイムの音です。

無駄吠えする場合は、クリッカーを使った訓練を取り入れます。

 

【室内対策2】大型犬の足音

食事のときや、耳掃除などで走り回ることがあります。

洋室はフローリングなので、大型犬では足音が響きます。

対策としては、

● フローリングの上に音を吸収させるマット敷き詰めて、その上に絨毯をひく。

● 幼児用のジョイント式のカーペットを使う。

 

どちらも、クッション性と防音には良いです。

 

【室内対策3】犬の抜け毛

犬は、春と秋になると、大量に毛が生え変わります。

ブラッシングは欠かせないですが、それでも洗濯物には抜け毛が着きます。

対策としては、

● 洗濯をする前に、コロコロで抜け毛を取る。

● ベランダにネットを張って、抜け毛が飛ばないようにする。

 

犬の抜け毛対策は、工夫が必要です。

 

② 共有スペースでの対策

マンションの共有スペースでは、おしっこをさせないことです。

 

犬は、おしっこの場所を理解できます。

あとは、マーキングをしない工夫になります。

対策としては、

● 頭を下げさせない

● 廊下などの臭いを嗅がせない

● お外で、最初におしっこをしたときに、ご褒美を与える

 

また、飼い主さんとしては、

マンションでは、階段をつかえる、低層階を選ぶことも必要です。

 

共有スペースで、おしっこをした時は、すみやかに掃除しましょう。

 

③ 階段での対策

意外と苦労するのが、階段の途中で、住民の人と出会ったときです。

これは突然になるので、住民の人が驚くことがあります。

対策としては、

● 階段をつかうときは、住民の足音などがしないかと、様子をみる。

● 階段の曲がり角や死角では、とくに注意する。

● 階段では、大型犬が前に出ないようにする。

 

まわりの様子をみて、階段を使うときは歩調をあわせることが大切です。

 

④ 留守番での対策

どうしても、留守番が必要なときがあります。

 

私たちは、バリケンを使っていて、

バリケンのなかに長座布団をひき、普段から休むスペースにしています。

大型犬には、

バリケンのなかに入るのに、違和感をなくしています。

 

留守番のときは、バリケンのなかに、固めのガムを入れてあげます。

 

普段からお気に入りの空間を作ることで、留守番のしつけになります。

 

⑤ 深夜帰宅での対策

夜遅くでの帰宅では、

愛犬が吠えないように、工夫が必要です。

 

そのため、足音を立てないように、最初に愛犬に会いにいきます。

 

でも、犬は尻尾を振るので、襖などにあたらないようにします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

大型犬のマンション飼いでは、

まずは、管理人さんや大家さん、住民の人と仲良くすることです。

 

ある程度、コミュニケができれば、気も楽になります。

そして、それぞれの対策をおこなうことです。

対策としは、

  • 室内生活での対策
  • 共有スペースでの対策
  • 階段での対策
  • 留守番での対策
  • 深夜帰宅での対策

 

そのなかでも「室内生活」と「留守番」この対策は、重要になります。

その他の対策でも、気を抜かず、しっかりと注意することです。

 

室内生活での対策は、「無駄吠え」「足音」「抜け毛」この3つになりますが、それぞれの対策は、怠らないことです。

 

そうは言えども、

マンションのなかで、犬やネコと生活しているのは、何軒もあります。

そのため、過度に神経をとがらすよりは、対策をおこなうことです。

 

私たちは、4度引っ越しをしましたが、特にトラブルなく生活することが出来ました。

大型犬と暮らすには、室内飼いができる賃貸住宅は欠かせないですね。

 

賃貸住宅では気をつかいますが、飼い主さんは、対策に頑張ってください。

 

 

-しつけ

Copyright© ラブラドールレトリバーのしつけ体験 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.